いま、非常勤という働き方を選ぶ看護師も少なくありません。派遣に登録して、病院に、または施設になど、医療関係機関に限らず、イベントなどの医務室へ仕事に行く場合もあります。現在、病院では常勤、非常勤や他の働き方を含め、おおむね半々ほどの人員なのではないかと考えられます。色々なメリット、デメリットを考えつつ、自分に合うと思った働き方が非常勤なのであれば、長く続けることは可能ですし、その経験を活かして後日改めて他の働き方を選ぶことも出来ますし、同じ病院ばかりに長く勤めるのではなく、雇用期間が終われば次の病院へ移ることも可能です。人間関係が難しかった場合は、雇用期間に定めがある方が割り切りやすく、勤務しやすいと考える看護師もいます。今は非常勤でよいというなら他の働き方よりも合っていると言えますね。ここで、非常勤のメリット、デメリットについて確認してみましょう。

1番のメリットは、時間の都合がつけやすい。
自分の働きたい日や時間の希望を出すことが出来る。
「非常勤の場合、基本的に自分の都合の付く時間に働くことができて、常勤よりもシフトの融通が利きますので、既婚者や子育て中の看護師に人気なんです」
平均的な時給は1500円。東京都に限っては1700円、仕事によっては2000円の場合もあります。一般的なパートの時給より、1.5倍から2倍近い額だということです。
※出典 看護師情報。net 看護師情報サイトより

非常勤のデメリットはこのようになっています。

福利厚生、社会保険制度の利用が難しいこと。ただし、一定時間働けば社会保険に加入出来る場合もあるが、福利厚生は望めないことがほとんどのようです。そして、ボーナスや有給はありません。時間に融通が効き、時給も高く収入は安定するのが非常勤の看護師ですが、やはり安定性には欠ける結果に。「非常勤では、産休育休もないんです」
※出典 看護情報.net 看護師情報サイトより

やはり、常勤には常勤のメリット、デメリットがあるように、非常勤にも同じようにメリット、デメリットがあることがわかります。その上で、自分に都合がよく、働きやすい方法をみつけ、どう看護師としての資格を活かすかが大切なのではないでしょうか。無理に常勤で勤務をして、体を壊すなどの弊害があっても意味がありません。非常勤として働きながら、いくつかの病院での勤務を経験しながらやはりキャリアを積みたいと考えるようになった場合、他の働き方へシフトチェンジすることも可能です。登録した先から常勤として派遣をお願いすることも出来るのではないでしょうか。一般的な事務員や営業職などよりも、色々な求人が豊富に出ていて働き方を選べる看護師だからこそ、その時々に合った働き方で続けていくのがベストなのではないでしょうか。

どんな仕事にもメリット、デメリットはあり、それに沿ってどの比重を大きく考えるかにより身の置き方が変わります。それは看護師も同じことで、常勤では常勤の悩みがあり、非常勤にはそれ相応の悩みがあることになります。ですが、選んだ働き方で勤務してみて、合っていると感じることが出来たら長く続けられることになります。まずは非常勤で働ける機会に恵まれたと考え、勤務を通して常勤との違いを実感してみてはいかがでしょうか。待遇面などの違いも給与が出た後から実感出来ると思うため、向いている、向いていないの判断は焦らずに行いましょう。勤務時間に融通が付くという面が非常勤のメリットだと考える場合もあり、常勤には戻れないという看護師もいます。それぞれに合った働き方が必要な職場だからこそ、チームワークが求められる職場なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です